PokuG stdio.h

stdio.hはおまじない

MENU

PC98

いまさら聞けないPC98版MS-DOSのCONFIG.SYSとAUTOEXEC.BAT講座

MS-DOSはOS起動時に「CONFIG.SYS」と「AUTOEXEC.BAT」を読み込んで起動します。この2ファイルで空きメモリの確保やドライバの読み込みとか行うので、この二つのファイル制すればMS-DOSを制することができます。本記事の対応のバージョンはPC98版のMS-DOS6.2…

PC98の再起動を高速化、およびホットキーで再起動できるようにする

下の「いまさら聞けないPC98版MS-DOSのCONFIG.SYSとAUTOEXEC.BAT講座」の応用編です。 pokug.net はじめに HSB(High Speed Boot Controller) ダウンロード先 設定方法 CONFIG.SYSの例 組み込み方法 手順1 PC98の構成情報をHSBへ保存する 手順2 HSBでホットキ…

いまさら聞けないPC98のフリーウェア ~HOSop(ホスオプ)~

いまさら聞けないPC98の定番フリーウェア紹介。 HOSop(ホスオプ) イメージ おもひで 終わり HOSop(ホスオプ) HOSop(ホスオプ) は、 1999 年に完成予定のはずだった篠原重工製 HOS(Hyper Operating System)の起動画面およびパスワード入力部をシミュレートす…

いまさら聞けないPC98版MS-DOS6.2インストール方法

いまさら聞けないPC98シリーズ。 今回はPC98版MS-DOS6.2基本機能をインストールします。 PC98版MS-DOS6.2インストール MS-DOS6.2のフロッピーディスクの用意 disk1をパソコンにセットし、電源を入れる インストール先の選択 固定ディスクの準備1 固定ディス…

PC98版MS-DOSでCONFIG.SYSとAUTOEXEC.BATのマルチブート環境を構築する

下の「いまさら聞けないPC98版MS-DOSのCONFIG.SYSとAUTOEXEC.BAT講座」の応用編です。 pokug.net PC98のパソコンの起動時にロードさせたいCONFIG.SYSとAUTOEXEC.BATを選択できるようにします。 SelSYS.EXE(せるしす・えぐぜ) 使用イメージ ダウンロード先 設…

DOSBox-Xの操作方法

下のリンクでPC98エミュミレータのDOSBox-Xインストールと簡単な実行までおこなったので、いじってわかった操作方法のメモ。ラズパイでの確認。多分他のOSでも同じだと思われる。 pokug.net HDDのマウント方法 仮想HDDを使わない方法 仮想HDDを使う方法 「im…

いまさら聞けないFD & VZ Editer講座

いまさら聞けないシリーズ。 すでに半分以上忘れ去られてしまっているMS-DOS。 現代のWindowsにもDOSプロンプトで微妙に残っていますが、PC98DOSだとちょと使い方が違ったり。 そんなわけでPC98版MS-DOSを快適に使うためのツールの覚書。MS‐DOSを256倍使うた…

ラズベリーパイにPC-98エミュをインストール (Raspberry Pi4対応版)

Raspberry PiでPC98が動くんか!?インストールしてみた。使うPC98エミュレータはDOSBox-X。2020年の時点でPC98のエミュレーターって開発が終わっているのがほとんどみたいですが、DOSBox-Xはいまだ開発が続いているらしいです。というか後発のエミュレータ…