PokuG stdio.h

stdio.hはおまじない

MENU

MS-DOS

いまさら聞けないPC98版MS-DOSでCD-ROMドライブを認識させる方法

PC98シリーズのMS-DOSでCD-ROMドライブを認識させる方法です。 PC98と言えばMS-DOS。WindowsアプリだとDOS/Vでもイインジャね?というところですが、DOSとなれば話が別です。 PC98=DOSの資産≒エロげーという式が成り立つくらいPC98と言えばDOSです。DOS後期…

いまさら聞けないPC98版MS-DOSのCONFIG.SYSとAUTOEXEC.BAT講座

MS-DOSはOS起動時に「CONFIG.SYS」と「AUTOEXEC.BAT」を読み込んで起動します。この2ファイルで空きメモリの確保やドライバの読み込みとか行うので、この二つのファイル制すればMS-DOSを制することができます。 本記事の対応のバージョンはPC98版のMS-DOS6.2…

PC98の再起動を高速化、およびホットキーで再起動できるようにする

下の「いまさら聞けないPC98版MS-DOSのCONFIG.SYSとAUTOEXEC.BAT講座」の応用編です。 pokug.net はじめに PC98にはリセットボタンが付いていますが、起動のたびにハードウェアチェックやメモリチェックなど入るので起動に時間がかかります。 この起動時にハ…

いまさら聞けないPC98のフリーウェア ~HOSop(ホスオプ)~

いまさら聞けないPC98シリーズ。 PC98で定番のフリーウェア紹介 HOSop(ホスオプ) HOSop(ホスオプ) は、 1999 年に完成予定のはずだった篠原重工製 HOS(Hyper Operating System)の起動画面およびパスワード入力部をシミュレートするプログラム。という設定の…

いまさら聞けないPC98版MS-DOS6.2インストール方法

いまさら聞けないPC98シリーズ。 今回はPC98版MS-DOS6.2基本機能をインストールします。 PC98版MS-DOS6.2インストール MS-DOS6.2のフロッピーディスクの用意 8枚構成です。全部使えるのを祈りましょう。フロッピーはカビで読み込めなくなったりするので。。…

PC98版MS-DOSでCONFIG.SYSとAUTOEXEC.BATのマルチブート環境を構築する

下の「いまさら聞けないPC98版MS-DOSのCONFIG.SYSとAUTOEXEC.BAT講座」の応用編です。 pokug.net PC98のパソコンの起動時にロードさせたいCONFIG.SYSとAUTOEXEC.BATを選択できるようにします。 SelSYS.EXE(せるしす・えぐぜ) CONFIG.SYSとAUTOEXEC.BATのマル…

DOSBox-Xの操作方法

下のリンクでPC98エミュミレータのDOSBox-Xインストールと簡単な実行までおこなったので、いじってわかった操作方法のメモ。ラズパイでの確認。多分他のOSでも同じだと思われる。 pokug.net HDDのマウント方法 仮想HDDを使わない方法 この利点はいちいち仮想…

いまさら聞けないFD & VZ Editer講座

いまさら聞けないシリーズ。 すでに半分以上忘れ去られてしまっているMS-DOS。DOSプロンプトで微妙に残っていますが、PC98DOSだとちょと使い方が違ったり。 そんなわけでPC98版MS-DOSを快適に使うためのツールの覚書。MS‐DOSを256倍使うための本〈Vol.1〉 (…

【PC-9801pi DOSBox-X】ラズベリーパイPC-98化計画 (Raspberry Pi4対応版)

タイトルは某同人誌のパクリ。Raspberry PiでPC98が動くんか!?インストールしてみた。使うPC98エミュレータはDOSBox-X。2020年の時点でPC98のエミュレーターって開発が終わっているのがほとんどみたいですが、DOSBox-Xはいまだ開発が続いているらしいです…