PokuG stdio.h

stdio.hはおまじない

MENU

PC-9821Ra43にMS-DOS6.2をインストールする

PC-9821Ra43にMS-DOS6.2を正式手順(?)でインストールします。

用意するもの

MS-DOS6.2

MS-DOS6.2本体です。

ちなみに、PC-9821Ra43でサポートしているMS-DOSは6.2のみっぽいです。
5.0A(-H)はダメみたい。

ブランクフロッピーディスク(1枚)

"MS-DOSは6.2 #1" のディスクをのこのフロッピーに複製の後、Ra43で使用できるようにアップグレードします。

その後、このフロッピーを"MS-DOSは6.2 #1" の代わりに使用しインストールをおこないます。

アプリケーションCD-ROM

MS-DOS6.2をRa43で使用できるようにアップグレードするためのツールが入っています。

前提条件

MS-DOS6.2をインストールする上で、以下のドライブ構成になっているのを前提にインストールします。

  • Aドライブ:Windows98SEインストール済み
  • Bドライブ:Dataドライブ
  • Cドライブ:MS-DOS6.2をインストールするドライブ

大雑把な流れ

大雑把に以下の手順でインストールをおこないます。

  1. アップグレードモジュールをHDDにコピー
  2. MS-DOS 6.2 システムディスク#1の複製
  3. 複製したシステムディスクのアップグレード
  4. MS-DOS6.2のインストール
  5. HDDへインストールしたMS-DOS6.2のアップグレード

何故このような手順が必要かと言うと、

"MS-DOS 6.2 システムディスク#1" に対してRa43で使用できるようにアップグレードをおこないます。

そして複製したシステムディスクを使いMS-DOS6.2をインストールします。

アップグレードによりシステムディスクの内容を書き替えるので、必ずシステムディスクの複製を作成し、複製したフロッピーに対してアップグレードをおこないます。
※アップグレードしたシステムディスクを使用し他のPC98にインストールした場合、不具合が起きる可能性があるとのことです

手順

アップグレードモジュールをHDDにコピー

AドライブのWindows98SEを起動し、アプリケーションCD-ROMからMS-DOS6.2のアップグレードモジュールをBドライブ(Dataドライブ)へコピーします。

Windows98SEを起動
アップグレードモジュールのコピー

アプリケーションCD-ROMから "DOS62フォルダ(アップグレードモジュール)" をBドライブ(Dataドライブ)へコピーします。

MS-DOS 6.2 システムディスク#1の複製

用意したブランクフロッピーディスクに"MS-DOSは6.2 #1"をコピーします。

MS-DOS 6.2 システムディスク#1の複製

用意したブランクフロッピーディスクに"MS-DOSは6.2 #1"をコピーします。

DOSモードで再起動

DOSモードで再起動します。

複製したシステムディスクのアップグレード

"MS-DOSは6.2 #1"をコピーしたフロッピーをRa43で使用できるようにモジュールをアップグレードします。

複製したシステムディスクのアップグレードのコマンド

プロンプトからBドライブ(Dataドライブ)へ移動し、以下コマンドを実行します。

CD ¥DOS62
UPDOS62 <フロッピーディスクドライブ名> :


複製したシステムディスクのアップグレードの確認1

"Y" を選択します。

複製したシステムディスクのアップグレードの確認2

"Y" を選択します。

複製したシステムディスクのアップグレード中

ファイルをコピーしています。

複製したシステムディスクのアップグレード終了

複製したシステムディスクのアップグレード終了です。

MS-DOS6.2のインストール

上の手順で複製したシステムディスクを使いMS-DOSをインストールします。
従来のMS-DOS6.2のインストール方法と全く変わりません。

複製したシステムディスクを使用しインストーラーを起動
インストール先

"固定ディスク"選択します。

装置全体の初期化

"いいえ"を選択します。

インストールする領域の選択

"未使用領域"を選択します。

MS-DOSで確保する容量

今回は最大領域(2047MB)を確保します。

MS-DOSで確保する容量の確認

"はい"を選択します。

領域の確保

領域を確保しています。

再起動

勝手に再起動するので、そのまま待ちます。

MS-DOSのインストール先

MS-DOSのインストール先を設定します。
今回は"DOS"に設定しました。

MS-DOSのインストール先の確認

"はい"を選択します。

システムディスク#1のインストール

システムディスク#1のインストールが始まります。

システムディスク#2のインストール

次のディスクに入れ替え"エンターキー"を押します。

システムディスク#3のインストール

次のディスクに入れ替え"エンターキー"を押します。

システムディスク#4のインストール

次のディスクに入れ替え"エンターキー"を押します。

システムディスク#5のインストール

次のディスクに入れ替え"エンターキー"を押します。

システムディスク#6のインストール

次のディスクに入れ替え"エンターキー"を押します。

システムディスク#7のインストール

次のディスクに入れ替え"エンターキー"を押します。

システムディスク#8のインストール

次のディスクに入れ替え"エンターキー"を押します。

環境設定

"リターンキー"を押します。

MS-DOSのインストール

フロッピーを抜いて"リターンキー"を押します。

インストールした MS-DOS6.2 のアップグレード

MS-DOS6.2の起動

MS-DOS6.2を起動します。

DOSシェルの終了

"F3" キーを押してDOSシェルを終了させます。

MS-DOS6.2のアップグレードコマンド

プロンプトからBドライブ(Dataドライブ)へ移動し、以下コマンドを実行します。

CD ¥DOS62
UPDOS62 <ドライブ名>:\<ディレクトリ名>


アップグレードの確認

"Y" を選択します。

MS-DOS6.2のアップグレード

MS-DOS6.2のアップグレードが始まります。

MS-DOS6.2の再起動

Ra43を再起動します。

以上で終了です。

終わり

以上、"PC-9821Ra43にMS-DOS6.2をインストールする" でした。

アップグレードで何が変わったのかはよくわかりませんが、結構なモジュールが入れ替わっています。

あとCD-ROMドライバもアップグレードで入りました。