PokuG stdio.h

stdio.hはおまじない

MENU

いまさら聞けないPC98版Windows95インストール方法~CABSセットアップ編~

PC9821のWindows95のインストールは

  • システムインストールディスク
  • バックアップCD-ROM

の2つが必要な機種がほとんどだと思います。

そのうち「バックアップCD-ROM」はあるけど、「システムインストールディスク」が壊れた!消えた!などがあり、インストールできなくなり困ることがあると思います。

しかし実は「システムインストールディスク」がなくてもWin95はインストールは可能だったりします。

また、語弊があるかもしれませんが、「バックアップCD-ROM」からのWin95のインストール時にシリアル番号も勝手に入るので、シリアル番号が記載されているWindows95のファーストステップガイドを無くしている場合でも一応入ります。

0.CABSセットアップ

Win95のインストールを行うときに、バックアップ CD-ROM のフォルダ「\windows\options\cabs」内にあるファイルを使用する方法のことを CABSセットアップと言います。
PC9821の正式な手順のセットアップだと、おそらく今後使わないであろうプリインストールソフトが一緒に入るので煩わしい時など、ノーマルなWin95をクリーンインストールするた時に使います。

1.用意するもの

1.1.バックアップCD-ROM

必須です。これが無いと始まりません。
バックアップCD-ROMでもOSが含まれているバックアップCD-ROMが必要です。
買ったPC9821の付属品を再度確認し、自分のバックアップCD-ROMにOSが含まれているものかどうかを確認しましょう。

1.2.Windows95の起動ディスク

これも必須です。
令和の時代になるとWindows95の起動ディスクも入手困難かもしれません。しかし、これも必要です。

1.2.1 【注意点1】起動ディスクでCD-ROMを読み込めるようにしておく必要がある

バックアップCD-ROMを使いインストールするので必要になります。
方法が分からない方は以下のリンクを見てください。
pokug.net

1.2.2 【注意点2】起動ディスクはインストールするWindows95と同じビルドで作成したものを使う

Windows95のビルドは以下の種類があります。

  • Windows 95: 4.00.950
  • Windows 95 SP1: 4.00.950a
  • Windows 95 OSR1: 4.00.950a
  • Windows 95 OSR2: 4.00.950B
  • Windows 95 OSR2.1: 4.00.950B
  • Windows 95 OSR2.5: 4.00.950C

例えば、インストールするWin95のビルドが「Windows 95 OSR1: 4.00.950a」で、インストールに使用する起動ディスクが「Windows 95 OSR2.1: 4.00.950B」だとインストール時のディスクチェックに引っ掛かりインストールできない場合があります。(推測ですが、fdiskかformatのバージョンが違うのが原因だと思われます)

Win95の起動ディスクが手元になく、ネットにアップされているWin95の起動ディスクを使用したり、友達のパソコンのWin95で作成してもらった起動ディスクを使用して、ディスクチェックに引っ掛かった場合はこれを思い出しましょう。

試したことはないですが、Windows98の起動ディスクもNGだと思われます。

2 インストール方法

先に言ったように、バックアップCD-ROMのフォルダ「WINDOWS\OPTIONS\CABS」にWin95のセットアップファイルが格納されています。
このファイルをWin95をインストールするドライブにコピーして「setup」コマンド実行します。
以下具体的な方法になります。

2.1 起動ディスクからPC9821を起動する

起動ディスクからPC9821を起動します。

2.2 fdiskコマンドを使用する

fdiskとコマンドを打ちます。
f:id:yarufu101:20210822233130j:plain

2.3 MS-DOS領域を作成

「1」を選びMS-DOS領域を作成する。
f:id:yarufu101:20210822233329j:plain

2.4 領域の使用サイズ

領域の使用サイズを決めます。
今回は最大サイズを割り当てるので、「Y」
f:id:yarufu101:20210822233455j:plain
下の画像は領域を作成した後の画像
f:id:yarufu101:20210822233641j:plain

2.5 状態を変更

パーティションの状態を変更するので「2」を選択。
f:id:yarufu101:20210822233804j:plain

2.6 状態変更画面

Windows95を入れるドライブは「アクティブ」、「BOOT可」にしないといけないので、そのように設定します。
f:id:yarufu101:20210822233833j:plain
下は状態を変更した後の画面
f:id:yarufu101:20210822234030j:plain

2.7 再起動する

fdiskを終了し、OSをさ起動します。
この時はだまWindows95の起動ディスクは取り出さないように。
f:id:yarufu101:20210822234145j:plain

2.8 フォーマット

OS再起動後、前の手順で作成したパーティションをフォーマットする。
なお、フォーマットの際はシステムの転送をしておく。(/s オプション)
f:id:yarufu101:20210822234213j:plain

2.9 Windows95をインストールするドライブに「win95」フォルダを作成

これは、バックアップCD-ROMにある、Windows95のcabセットアップファイル(cabファイル)を格納するために作成します。
f:id:yarufu101:20210822234353j:plain

2.10 バックアップCD-ROMのセットアップファイルのコピー

バックアップCD-ROMのフォルダ「WINDOWS\OPTIONS\CABS」にWin95のセットアップファイルが格納されているので、そのファイルをWin95をインストールするフォルダにコピーします。
f:id:yarufu101:20210822234620j:plain

2.11 起動ディスクを取り出し、パソコンを再起動

起動ディスクを取り出し、パソコンを再起動します。
手順2.8で作成したWin95を入れるパーティションから起動させます。

2.12 setupコマンド

WIN95フォルダのsetupコマンドを起動します。
f:id:yarufu101:20210822234932j:plain

2.13 スキャンディスク

setupコマンド実行後、スキャンディスクが走ります。
「1.2.2 【注意点2】起動ディスクはインストールするWindows95と同じビルドで作成したものを使う」で紹介したように、他のビルドのWiN95を使っている場合、「バージョンが違うか、圧縮されているドライブかも」というニュアンスの警告が出てインストールが中止されると思います。
f:id:yarufu101:20210822235040j:plain

2.14 ひたすら待つ

ひたすら待ちます。この時、製品版のWIN95のディスクの場合は、シリアル番号を入力する画面が出ますが、バックアップCD-ROMからのインストールの場合は入力画面は出ません。
f:id:yarufu101:20210822235317j:plain
ひたすら待ちます。
f:id:yarufu101:20210822235324j:plain

2.15 インストール完了

f:id:yarufu101:20210822235331j:plain

3.終わりに

PC98版Windows95インストール方法でした。
バックアップCD-ROMはあってもシステムインストールディスクがない場合は多いのではないでしょうか?
プリインストールアプリを諦めるならこの方法は大ありだと思います。