PokuG stdio.h

stdio.hはおまじない

MENU

【PC98版】HDDからSSDへ交換するのでクローンSSDを作る

f:id:yarufu101:20210925140333j:plain
PC98のための小容量IDE HDDが入手困難な状態です。
HDDが故障してデータもろとも無くなるのを避けるため、SSDへの換装をおこないました。

このとき、MS-DOS環境ならSSDに換装して、OSを再インストールしてもいいのですが、Windows環境の場合、環境を整えなおすのが非常に手間がかかるので本記事では既存のHDDのクローンを作成します。

1.概要

1.1.ddコマンド

今回のクローンの作成はLinuxの「ddコマンド」というバックアップのコマンドを使います。

ddコマンドとはUnix系のOSにあるコマンドで、データのコピーや変換をブロックデバイスへ直接読み書きして行うことができます。
ようるすにddコマンドを使えば、ファイルシステムのタイプやOSとは関係のないところでコピーを実施できで便利ということです。

1.2.大雑把な手順

大雑把に以下の手順になります。

1. LinuxのddコマンドでPC98のIDE HDDのディスクイメージを取る

2. 取得したディスクイメージをSSDへコピーして、クローンを作成する

2.用意するもの

クローンを作成するために必要なもの。

2.1.Raspberry Pi 4 Model B

Linuxのコマンドを使うため、Raspberry Pi 4を使用します。
PC98記事には純レギュラーのRaspberry Pi。あれば便利です。
f:id:yarufu101:20210916185453j:plain:w500

2.2.コピー元のHDD

PC98に入っているIDEのHDD。これが無いと始まりません。
このHDDも2代目か3代目。
ちなみに、今回のPC98内蔵IDE HDDは1.2Gのものです。
f:id:yarufu101:20210925121501j:plain:h400

2.3.IDE HDD → USB への変換アダプタ

IDEのHDDをRaspberry Piとつなげるための変換アダプタ。

2.4.コピー先のSSD

コピー先のSSD。家に転がっていたSSD。
Intel SSD 520シリーズ。元は180Gのものです。
f:id:yarufu101:20210925121948j:plain:w500

このSSDはPC98で使えるように容量を約4Gへ縮小してあります。

制限方法については以下の記事を参照してください。
pokug.net

2.5.SATA → USB への変換アダプタ

SATAのSSDをRaspberry Piとつなげるための変換アダプタ。

3.手順

3.1.PC98からHDDを取り出す

写真右下の雑につながっているHDDを取り外します。
f:id:yarufu101:20210925123148j:plain:h400

3.2.IDE HDDをRaspberry Piに接続

IDE HDD → USB への変換アダプタを使い、Raspberry PiへUSB経由でつなげます。
f:id:yarufu101:20210925123354j:plain:w500

3.3.ddコマンドでPC98のHDDのディスクイメージを取る

ここからは、Raspberry Piでの実行になります。

3.3.1 .Raspberry PiにつけたHDDのドライブ識別子の確認

ドライブ識別子というのは、Windowsで言うところの「ディスクの管理」画面から見える「ディスク 0」とか「ディスク 1」とかのHDDの識別子です。下の画像の赤枠で囲ってある表示のやつです。
f:id:yarufu101:20210925124256j:plain:w400

Raspberry Pi 4では以下のコマンドで確認します。

sudo fdisk -l

以下画像がコマンドの結果画像。
f:id:yarufu101:20210925124046j:plain
上記画像の上から3つ目の黄色の文字に、
Disk /dev/sdb: 1.1 GiB...
とあり、今回のPC98のHDDは1.2Gで、容量がだいたい一致しているので「dev/sdb」がPC98のHDDだとわかります。

3.3.2 ディスクイメージを取る

以下のddコマンドを使いディスクイメージを取得

sudo dd if=/dev/sdb of=/home/samba/pc9821v13.image bs=512 conv=noerror,sync

コマンドの意味は以下になります。

  • ドライブ識別子「dev/sdb」(HDD)のディスク内容を、
  • Raspberry Pi のフォルダ「/home/samba/」へ、
  • 「pc9821v13.image」というファイル名でディスクイメージを取得

以下が実行結果。
f:id:yarufu101:20210925125538j:plain


これでディスクイメージを取得が終わりました。
次からはディスクイメージをSSDへコピーする作業になります。

3.4.SSDをRaspberry Piに接続

SATA → USB への変換アダプタを使い、Raspberry PiのUSBにつなげます。
f:id:yarufu101:20210925125852j:plain:w500

3.5.ddコマンドでSSDへディスクイメージのコピー

ここからは、Raspberry Piでの実行になります。

3.5.1.Raspberry PiにつけたSSDのドライブ識別子の確認

Raspberry PiにつけたSSDのドライブ識別子を確認します。
コピー元のHDDでおこなった作業と同じことをおこないます。

sudo fdisk -l

f:id:yarufu101:20210925130359j:plain
今回のSSDは4Gに縮小してあります。
そして、上から3番目の黄色の文字に
Dsik /dev/sdb: 3.8GiB...
という記述から「/dev/sdb」がSSDだと思われます。

3.5.2.ddコマンドでSSDへディスクイメージのコピー

以下のddコマンドを使いディスクイメージをコピー

sudo dd if=/home/samba/pc9821v13.image of=/dev/sdb bs=512 conv=noerror,sync

コマンドの意味は以下になります。

  • Raspberry Pi のフォルダ「/home/samba/」の、
  • 「pc9821v13.image」というディスクイメージを、
  • ドライブ識別子「dev/sdb」(SSD)へコピー

以下実行結果。
f:id:yarufu101:20210925135354j:plain:w500

3.6.SSDをPC98に取り付け、起動

SSDをPC98に取り付け起動します。
無事Windowsが起動し、手順3.1と同じ画面が表示されています。
f:id:yarufu101:20210925135508j:plain:h400

4.終わり

PC98版のHDDからSSDへの換装のためのクローン作製方法でした。

今回は

  • HDD → SSD

でおこないましたが、

  • HDD → CF
  • CF → SSD

でも問題なくできます。

PC98使いで、Linux使いでもある方ならこの方法もありではないでしょうか?
そして家で使うLinuxならRaspberry Piは小さく、場所のスペース確保も容易です。

あと、手順3.3.2のddコマンドでRaspberry Piの「/home/samba/pc9821v13.image」にディスクイメージを取得しました。

このファイルをどこかに保存しておけば、もしPC98に取り付けたSSDが壊れても他のHDDやSSDを調達し、このイメージファイルをコピーすればOSとデータが復活するので、ぜひOSとデータのバックアップという意味でもこのディスクイメージはどこかに取っておきましょう。

とりあえず、PC98のHDD周りでの不安はSSDの環境にすることで、しばらくの間は問題は出てこないところまで来たと思います。