PokuG stdio.h

stdio.hはおまじない

MENU

いまさら聞けないPC98版MS-DOS6.2インストール方法

f:id:yarufu101:20201216092549p:plain
いまさら聞けないPC98シリーズ。
今回はPC98版MS-DOS6.2基本機能をインストールします。

PC98版MS-DOS6.2インストール

MS-DOS6.2のフロッピーディスクの用意

8枚構成です。全部使えるのを祈りましょう。フロッピーはカビで読み込めなくなったりするので。。。

disk1をパソコンにセットし、電源を入れる

そのまま。disk1をパソコンにセットし、電源を入れましょう。

インストール先の選択

f:id:yarufu101:20210117043815j:plain
今回は内臓HDDに入れるので「固定ディスク」を選択

固定ディスクの準備

f:id:yarufu101:20210117043936j:plain
内臓HDDがfdiskすらしてない場合はたぶんこの画面が出ます。あらかじめfdiskしてある場合はでないかも?
リターンキー(エンターキー)を押します。

固定ディスクの準備

f:id:yarufu101:20210117044209j:plain
エンターキーを押すと、固定ディスクの初期化するので、ひたすら待ちます。

固定ディスクの準備

f:id:yarufu101:20210117044326j:plain
MS-DOSの確保する容量を指定します。画面下に数字を入れるスペースがあるので適当に入力。

固定ディスクの準備

f:id:yarufu101:20210117044510j:plain
はいを選択しリターン。

固定ディスクの準備

f:id:yarufu101:20210117044551j:plain
固定ディスクの領域を確保しています。ひたすら待ちましょう。

固定ディスクの準備

f:id:yarufu101:20210117044635j:plain
システムの再起動します。このときMS-DOSのフロッピーディスクは抜かないでください。

システムファイルの転送

f:id:yarufu101:20210117044738j:plain
MS-DOS6.2のインストール先ディレクトリを指定します。デフォルトは「\DOS」で、そのままでいいと思います。

システムファイルの転送

f:id:yarufu101:20210117044922j:plain
これでいいか聞いてくるので、「はい」でエンター。

システムファイルの転送

f:id:yarufu101:20210117045010j:plain
MS-DOSのインストールが始まります。

システムファイルの転送

f:id:yarufu101:20210117045052j:plain
MS-DOSの#2のディスクをフロッピードライブに入れてエンター

システムファイルの転送

f:id:yarufu101:20210117045134j:plain
MS-DOSの#2のディスクのコピーが始まります。
同様に#3から#8のディスクまでおこないます。

環境設定

f:id:yarufu101:20210117045236j:plain
こんな環境のCONFIG.SYSとAUTOEXEC.BATにしますという画面。「使用する」とか出ていますが、この画面では変更できません。エンターキーを押します。

システムの再起動

f:id:yarufu101:20210117045409j:plain
インストール終了です。システムの再起動します。この時はMS-DOSのフロッピーディスクを抜きましょう。

OS起動(DOSシェルの起動)

f:id:yarufu101:20210117045750j:plain
DOSシェルが起動しました。正常にMS-DOS6.2が上がりましたね。

DOSシェル終了

f:id:yarufu101:20210117045719j:plain
「ファイル」からDOSシェルを「終了」します。そうするとプロンプト画面が表示されます。

終わり

PC98版MS-DOS6.2インストール方法でした。
MS-DOS5.0Aの場合はOSインストール後に、MS-DOS5.0A-Hにアップグレードした記憶があるのですが、システムフロッピーディスクを過去に友人にあげてしまった(売った?)ので今となってはわからずじまいです。そのうち入手できたらMS-DOS5.0A-Hのインストール方法を記述しようと思います。