PokuG stdio.h

stdio.hはおまじない

MENU

PC98のMS-DOSをネットワーク(LAN)に参加させる方法~実践編~

ネットワークに繋がっていないコンピュータなぞ

あえて言おう!カスであると!

かつて学生時代だったときの私の恩師がカスまでは言いませんでしたが、ネットワークに繋がっていないコンピュータはゴミだと言っていました。

現代の社会ではパソコン、スマホはもちろんのことゲーム機、HDDレコーダー、テレビ、監視カメラなど色々なものがネットワークに繋がっています。
そして、MOをはじめPD、ZIPなどの媒体がネットワークにより絶滅し、Blu-rayなどの光学円盤系も瀕死へと追い込まれている状態です。

時代はIoT時代です。

その中でPC98もネットワークに繋げないと、このさき生き残れないだろうと思い、PC98のMS-DOSでLANに参加する方法を記載したいと思います。

MS-DOSでLANに参加する方法は数種類ありますが、Microsoft社がリリースしていたLAN Managerを使用します。

この記事を読む前に以下記事も読んでおいた方が理解が速いかと思います。
pokug.net

用意するもの

LAN Manager(ソフトウェア)

LAN Managerというソフトウェアを使用しMS-DOSをLANに参加させるのでこれが必要になります。

なぜLAN Managerを使うのか

net useコマンドなど、LAN Managerのコマンドは今のWindows11にも受け継がれています。
よって現在のWindowsネットワーク系のコマンドを知っていればLAN Managerのコマンドを扱うのは簡単なのでLAN Managerを使用します。

LAN Managerの入手方法

LAN Manager自体は「Windows NT Server」の1枚目のCD-ROMに入っています。
入っているフォルダは以下になります。

CD-ROMドライブ\CLIENTS\LANMAN\DOS_NEC\DISK\


上記フォルダのDISK1、DISK2、DISK3が必要になります。
それぞれフロッピーディスクにコピーします。

フロッピーディスク


CD-ROMにあるLAN Managerをフロッピーディスクにコピーするためのディスクです。
上記写真ではLAN ManagerのDISK1~3と、LANボードのドライバディスクも写っているので計4枚あります。

Windows NT ServerのCD-ROMからLAN Managerのセットアップはできなくはないらしいですが、LAN ManagerのソフトとCD-ROMドライバと相性が悪いらしいのでフロッピーディスクからインストールしましょう。
詳細はLAN Managerの説明のテキストファイルに記載があります。

LANボード


社名 品名 備考
アライドテレシス CentreCOM LA-98-T 10Mbps

PC98でLANを使えるようにするためのボードです。これが無いと話になりません。

LANボードの選び方ですが、現在でもドライバをダウンロード可能なボードを選びましょう。MS-DOSはLANボードを自動認識してくれません。
さらにMS-DOS時代のドライバは複数種類があるので、「LAN Managerに対応しているドライバが入手可能なのか確認も必要です。

ちなみに今回のLANボードの説明テキストファイルで使用できるドライバの種類があったので記載しておきます。
対応しているドライバの種類だけMS-DOSの通信方法があると思っていいと思います。

2. LA-98シリーズドライバディスクの構成
本ドライバディスクには、以下のドライバが添付されています。
- Packet Driver
- NetWare Client Version 3.12J 用 (DOS ODI) Driver
- NetWare Client Version 4.1J 用 (DOS ODI) Driver
- NetWare Client Version 4.11J 用 (DOS ODI) Driver
- NetWare Client Version 4.2J/5 用 (DOS ODI) Driver
- NetWare Server Version 3.12J/3.2J 用 (ODI) Driver
- NetWare Server Version 4.1J 用 (ODI) Driver
- NetWare Server Version 4.11J 用 (ODI) Driver
- LANManager DOS Workstation (DOS NDIS) Driver
- IBM LAN Server Client Driver
- Windows NT (NT NDIS) Driver
- Windows95 (95 NDIS) Driver
- Windows98 (98 NDIS) Driver
- Windows2000 (2000 NDIS) Driver

構成

LAN Managerを使って、PC98をLANに参加させるので、あらかじめネットワークの構成を説明しておきます。

ネットワーク構成

以下のようなネットワークを想定しています。

ネットに繋がるメインPCとPC98は直接通信させずに、間にファイルサーバーにしたラズパイ4を置きます
メインPCやPC98はラズパイへファイルを書き込み、ラズパイ経由でファイルを受け渡しします。

これはセキュリティを考慮しての構成で、なぜそんなことをするかは以下の記事を見て下さい。
pokug.net

LAN Managerで使用するプロトコル

LAN Managerで使用できるプロトコルには、下の画像のように4種類ありますが、今回は「MS TCP/IP NDIS ドライバ」を使います。
TCP/IPは現代でも主流で使われているプロトコルです。

インターネットが流行りだした1995年以降、データは何でもTCP/IPに乗せて通信をおこなうという風潮が現代まで続いているので、プロトコルはTCP/IPにしておいた方がトラブルに遭遇してもネットのどこかにヒントは見つかると思います。。
他のプロトコルはTCP/IPに淘汰されました。
※「NEC RFC...」はNECの独自の何からしいです。独自と言うのは怪しかったので避けています。

ちなみにネットワークのパフォーマンスやメモリの節約度は

「NEC RFC...」 > 「MS NetBEUI」 > 「MS TCP/IP NDIS」

の順らしいです。

PC98のネットワークの設定

以下を想定しています。

コンピュータ名 ユーザー名 ドメイン(ワークグループ)名 IPアドレス サブネットマスク
MIKASA GUESTS TRUK 192.168.80.91 255.255.255.0

PC98へLAN Managerをインストールする

全手順(全スクショ)を取って、びっくりするくらい長かったので、別記事として以下に記載します。
pokug.net

以下はざっくり流れを紹介します。
なお、項目の後の(手順)の番号は全手順(全スクショ)の記事の項目番号です。

注意事項

LAN ManagerをインストールするとCONFIG.SYSとAUTOEXEC.BATにLAN Managerの設定が追加されます。
LAN Managerをインストール前にあらかじめ両ファイルのバックアップを取っておきましょう。

フロッピードライブにDISK1を入れ、setupを起動(手順1)


setupを叩いてインストーラーを起動します。

拡張版を選択する(手順5)


拡張版を選択します。

ネットワークドライバの選択画面(手順11)


LANカードのドライバはちゃんと付属のドライバを使いましょう。
無い場合はネットなどからダウンロードです。

MS-DOSでは汎用ドライバなぞ無いので専用ドライバが無い場合はOSはまず認識しません。
上記一覧画面に無い場合は、「その他のドライバ」を選択します。

プロトコルを選ぶ(手順15)


MS TCP/IPプロトコルを選びます。

IPアドレスを入力(手順17)


IPアドレスを入れます。
その後、「DHCP 自動構成を有効にする」のチェックを外します。
デフォルトゲートウェイを下手に入れたり、DHCPでIPアドレスを取得するとネットに繋がってしまう可能性があります。
ちなみに「詳細設定」の画面へ行くとDNSの設定画面があります。

コンピュータ名、ユーザー名、ドメイン名の入力(手順18)


コンピュータ名、ユーザー名、ドメイン(ワークグループ)名を入力します。

インストール完了画面(手順23)


このメッセージ重要です。
上の画像の項目4にセットアップ終了後、PROTOCOL.INIを確認しろとメッセージがあります。
PROTOCOL.INIにはLANボードの「I/O Base Address」を記載する箇所があります。
自分のLANボードがどのアドレスを使用するのかを確認して書き直しましょう。

以下PROTOCOL.INIの内容を抜粋したものです。
赤文字を確認します

[ATIMAC_NIF]
DRIVERNAME = ATIMAC$
IOADDRESS = 0xCBD0 ←☆コレ
MAXTRANSMITS = 10

最悪「I/O Base Address」が他の機器とバッティングするとOS起動中にハングします。

MS-DOS起動画面(手順26)


MS-DOS起動時にパスワードを聞いてきます。
active directryが無い環境だと、どんなパスワードを入れてもエラーになります。
ここで出るエラーは無視しても問題ないので、まじめにパスワード入れてもいいですし、エンターキーを入力しても問題ありません。

Lan Manager起動完了(手順27)


手順26で言った通り、メッセージが出ていますが、無視してかまいません。


これでLan Managerのインストールおよび起動完了です。

ラズパイのファイルサーバーの設定

PC98の通信相手の設定です。
先にも話した通りラズパイを使います。

ラズパイにsamba4というファイルサーバーのアプリをインストール済みという前提の設定です。
以下のリンクの記事を確認し設定してください。
pokug.net

上記リンクの記事でおこなっている内容は、以下リンクで言っている通り、ファイルサーバー(samba4)の設定にLM認証とNTLM認証をできるように設定を追加しています。
pokug.net

Windowsではどうするのか?

ファイルをやり取りする中間のPCにWindows機を設定する際にも当然、LM認証とNTLM認証の認証をさせるように設定します。
私はWindows機の設定方法を調べたことは無いですが、

「LAN Manager認証レベル グループポリシー」
「LAN Manager認証レベル レジストリ」

などで検索すると手掛かりがあると思います。

LAN Managerのネットワークのコマンド

LAN Managerの基本的なネットワークのコマンドです。

pingコマンド


pingコマンドで接続先が生きているかどうかを確認します。

net viewコマンド


net viewコマンドで共有フォルダを公開しているパソコンを確認できます。

net useコマンド

共有フォルダをネットワークドライブとして割り当てたり、切断するコマンドです。

共有フォルダをネットワークドライブとして割り当てる


画像の例では共有フォルダをSドライブとして接続しています。
今のWindows11のnet useコマンドと同じですね。



dirコマンドでファイル一覧を確認できます。
「WIN_DATA」と「DOS_DATA」以外のフォルダは日本語で文字化けしています。文字コードの設定が甘いですね。
昔のサーバーあるあるです。



ネットワークフォルダは通常のドライブとして認識するので、FDなどのファイラーでローカルドライブ同様に操作できます。

共有フォルダを切断する

切断です。

終わり

以上、PC98のMS-DOSをネットワーク(LAN)に参加させる方法~実践編~でした。
これでファイルのやり取りがかなり楽になるのではないでしょうか?

あとは以下画像のようにHSBで設定して必要なときにDOSでLANに参加できるように備えておけば完璧だと思います。