PokuG stdio.h

stdio.hはおまじない

MENU

PC98のMS-DOSにLAN Managerをインストールする~全手順~

インストール手順

全手順です。長いです。

注意事項

LAN ManagerをインストールするとCONFIG.SYSとAUTOEXEC.BATにLAN Managerの設定が追加されます。
LAN Managerをインストール前にあらかじめ両ファイルのバックアップを取っておきましょう。

CONFIG.SYSは「LASTDRIVE=Z」以下の行が追加されます。

CONFIG.SYS

FILES=30
BUFFERS=10
SHELL=\COMMAND.COM /P
DEVICE=B:\DOS\HIMEM.SYS
DEVICE=B:\DOS\EMM386.EXE /UMB /T=B:\DOS\EXTDSWAP.SYS
DOS=HIGH,UMB

LASTDRIVE=Z
DEVICE=B:\LANMAN.DOS\DRIVERS\DOSUTILS\PRT.DOS
DEVICE=B:\LANMAN.DOS\DRIVERS\PROTMAN\PROTMAN.DOS /i:B:\LANMAN.DOS
DEVICE=B:\LANMAN.DOS\DRIVERS\ETHERNET\ATIMAC\LA98.DOS
DEVICE=B:\LANMAN.DOS\DRIVERS\PROTOCOL\tcpip\tcpdrv.dos /i:B:\LANMAN.DOS
DEVICE=B:\LANMAN.DOS\DRIVERS\PROTOCOL\tcpip\nemm.dos

AUTOEXEC.BATは「@REM ==== LANMAN 2.1...」以下の行が追加されます。
AUTOEXEC.BAT

@ECHO OFF
PATH B:\DOS;B:\;B:\FD;B:\TOOLS;B:\VZ
SET TEMP=B:\DOS
SET DOSDIR=B:\DOS

@REM ==== LANMAN 2.1 === DO NOT MODIFY BETWEEN THESE LINES === LANMAN 2.1 ====
SET PATH=B:\LANMAN.DOS\NETPROG;%PATH%
ISURENDR /P /E
B:\LANMAN.DOS\DRIVERS\PROTOCOL\tcpip\umb.com
NET START WORKSTATION 
LOAD TCPIP
NET LOGON guests *
@REM ==== LANMAN 2.1 === DO NOT MODIFY BETWEEN THESE LINES === LANMAN 2.1 ====
1. DISK1をセットし、setup.exeを実行


2. LAN Managerセットアップ画面で「了解」を押す


3. 「了解」を押す


4. LAN Managerのインストール先の確認画面


問題がない場合は「了解」を押す

5. 拡張版を選択し、「了解」を押す


拡張版を選択しましょう。

6. コピーが始まるので待つ


7. DISK2を入れ、「了解」を押す


8. コピーが始まるので待つ


9. DISK3を入れ、「了解」を押す


10. コピーが始まるので待つ


11. ネットワークドライバの選択画面


既に該当するLANカードがあるならソレを選択し「了解」を押しましょう。
無い場合は、「その他のドライバ」を選択。
今回はNEC純正のLANボードで無く、アライドテレシス製のLANボードを使います。
該当のLANボードドライバが無いので「その他のドライバ」を選択します。

12. LANボードのドライバディスクを入れ、「了解」を押す


LANボードのドライバディスクを入れます。

13. ドライバがあっているのを確認し、「了解」を押す


14. コピーが始まるので待つ


15. プロトコルを選ぶ


今回は「MS TCP/IP」プロトコルを使います。

16. インストールプロトコルの確認、「了解」を押す


17. IPアドレスを入力


192.168.80.91という手動でIPアドレスを設定します。
その後、「DHCP 自動構成を有効にする」のチェックを外します。
デフォルトゲートウェイを下手に入れたり、DHCPでIPアドレスを取得するとネットに繋がってしまう可能性があります。
ちなみに「詳細設定」の画面へ行くとDNSの設定画面があります。

18. コンピュータ名、ユーザー名、ドメイン名の入力


コンピュータ名、ユーザー名、ドメイン名を入れましょう。

なお、メッセンジャーサービスは「いいえ」にしました。
メッセンジャーサービスはWindows95などに付属でついてきたメッセージを強制的に他のパソコンへ送るソフトだったと思います。
具体的には、WinPopUpコマンドとかnet sendコマンドだったような気がします。

19. 「いいえ」を選択し、「了解」を押す


「いいえ」で良いと思います。

20.「保存」を押す


21. DISK3を入れ、「了解」を押す


22. コピーが始まるので待つ


23. 「了解」を押す


上記画像の項目4のメッセージは重要です。
上記のPROTOCOL.INIにLANボードの「I/O Base Address」を記載する箇所があります。
自分のLANボードがどのアドレスを使用するのかを確認して書き直しましょう。

以下にPROTOCOL.INIの一部を記載します。
下から二番目の☆マークがある箇所です。

[ATIMAC_NIF]
; The section for the ATKK CentreCOM LA-98 LAN Adapter (DOS NDIS driver).
;
; DRIVERNAME Always must use ATIMAC$
; IOADDRESS Must specify the base I/O address of the adapter as
; configured with the CFG98.EXE program.
; 0xC2D0, 0xC4D0, 0xC6D0, 0xC8D0, 0xC9D0, 0xCAD0, 0xCBD0
; MAXTRANSMITS Specify the maximum number of the transmit queue entry
; in the driver. It must range between 1 and 50, and
; the default value of 6 is used.

DRIVERNAME = ATIMAC$
IOADDRESS = 0xCBD0 ←☆コレ
MAXTRANSMITS = 10

24. 「了解」を押す


25. プロンプト画面に戻るのでPC98の再起動をする


リセットボタンを押してPC98を再起動させます。

26. MS-DOS起動画面


MS-DOS起動時にパスワードを聞いてきます。
active directryが無い環境だと、どんなパスワードを入れてもエラーになります。
ここで出るエラーは無視しても問題ないので、まじめにパスワード入れてもいいですし、エンターキーを入力しても問題ありません。

27. Lan Manager起動完了


手順26で言った通り、メッセージが出ていますが、無視してかまいません。

これでLan Managerのインストールおよび起動完了です。

動作確認

ここからは動作環境です。
Windows11でも使われているnetコマンドを使います。
さすがMicrosoftです。コマンドはMS-DOSの頃からほとんど変わっていません。
Windowsでnetコマンドを使ったことがある人ならすんなり使えるはずです。

1 コンピュータ一覧の表示


net viewコマンドで接続できるパソコンを確認できます。

2. 共有フォルダへ接続


画像の例では共有フォルダをSドライブとして接続。

3. 共有フォルダの確認


dirコマンドでファイル一覧を確認できます。

4. ファイラーでの確認


FDでローカルドライブ同様に操作できます。

5. 共有フォルダの接続解除


解除です。