PokuG stdio.h

stdio.hはおまじない

MENU

Win95とネット明瞭期を駆け抜けた「98VALUE STAR」PC-9821 V13

管理人が所有しているPC98の紹介です。

このサイトでのPC98の記事はこの機種で動作確認をおこなっています。

仕事も遊びも、インターネットにも たけたヤツ。バリュースター。

PC-9821V13


当時の主力機種であった98MATEから、拡張スロット数を少なくし、高価なグラフィックチップを廃止、生産コストを下げた家庭向け普及型PC9821として売り出されていました。

ガンダムに例えると、主人公アムロ・レイが搭乗するガンダムでなく、名もなき兵士が乗るジムのポジションに近いと感じてもらえれば幸いです。

あと、これまでのPC98とは違いWord,ExcelのようなOfficeソフトなど多くのアプリケーションが入っているのが特徴で、現在のパソコン、スマホでも続いているメーカー製押しつけアプリのプリインストール地獄の始まりのシリーズ(機種)だったりします。

実機


実機です。

PC98本体の上にディスプレイを乗せます。
写真では液晶ディスプレイですが、昔はブラウン管のディスプレイを乗せていました。

スペック

ザックリとしたスペック。
汎用拡張スロット(Cバススロット)とPCIスロットがそれぞれ2つ、1つです。

CPU Pentiumプロセッサ(133MHz)
チップセット Intel 430FX(Triton)
セカンドキャッシュ 256KB
メモリ 64MB
サウンド PCM録音・再生機能
汎用拡張スロット 2スロット
PCIスロット 1スロット

外観

正面


外観はごく一般的な横置きNEC PC98のデスクトップです。

下手にマッキントッシュの見た目をパクったディスプレイ一体型の外観や、DOS/Vのタワー型に似せた外観でないのが非常に好感が持てると思うのは私だけでしょうか。

リセットボタン


PC98の下の真ん中より少し左のボタンがリセットボタンです。最後期機種以外のPC98にはリセットボタンが付いています。

悪さ(主に魔改造?)をしてPC98が不安定になって、心を取り乱しても問題ありません。
リセットボタンを押し、「ピポ」音を聞いてメモリカウントを遠い目で見るという「ルーティーン」作業をおこなえばすぐに平常心を取り戻すことができます。

21世紀になりイチローなどが実践していると話題になった「ルーティーン」作業ですがPC98ユーザーは30年以上前からおこなっていました。

背面


スペックの項目でも触れましたが、拡張スロットのCバス2つ、PCIが1つです。

同じ時期に発売されていた98MATE XシリーズがCバス4つ、PCIが2つだったのでそれに比べて空きスロットが少ないです。

ちなみに上の写真では、CバスにはLANボードとサウンドボードが付いていて、PCIスロットにはグラフィックカードが付いています。

使用感

普通に使った感想です。

DOSの使用感

以下の理由からDOSでの運用はちょっと難しいかもしれません。

  • CPUが"Pentiumプロセッサ(133MHz)"という高速なCPUなので昔のソフト(ゲーム)では速度が速すぎるかも
  • 標準でフロッピードライブが1基
  • FM音源が標準装備でない

CPUの速度は大体1992年以降アプリだとストレスなく動くとおもいますが、PC9801初期のアプリは早すぎるという事が起こるかもしれません。
フロッピードライブが2基ないと動かないアプリがあったと思いますので、そういう時はもう1基増設が必要になります。
あと、ゲームをプレイしたい場合は別途"86音源"などのサウンドボードが必要になります。

拡張性


スペックの項目でも触れましたが、拡張スロットのCバス2つ、PCIが1つです。

おそらく世間の評価では拡張性は悪い部類と言われているように思いますが、"個人的には拡張性は悪くないと" 思っています。
理由は以下。

空きINT(IRQ)

空きINTはデフォルトで3つ空です。
V13は空スロットが3つなので、コレで丁度いい感じに全部埋まります。

むしろ98MATE Xシリーズは空スロットがCバス4つ、PCIが2つだったと思うのですが、どうやって全空きスロットを埋めるのか不思議なくらいです。

現在のINI設定

ちょうどいい感じに全部埋まっています。

INT0
(IRQ3)
INT1
(IRQ5)
INT2
(IRQ6)
INT3
(IRQ 9)
INT41
(IRQ10)
INT42
(IRQ11)
INT5
(IRQ12)
INT6
(IRQ13)
LANボード 2nd CCU MIDIボード IDE HDD グラボ FDD サウンドボード マウス

PCIセットアップユーティリティはあった方がいい

WindowsとDOS同時使用の環境の場合で、かつ、増設ボードを3つとか埋める場合です。

上記の場合、使用できるINTが限られているので、うまいことINTを工面するために"PCIセットアップユーティリティ"でPCIのINTを調整する必要が出てくると思います。

V13に限らず、PCIスロットを持つPC98の場合は"PCIセットアップユーティリティ"も調達した方がよいと思います。

カレンダー電池の予備は持っておきたい

これも上の話からの続きです。
カレンダー電池が切れた場合は、PC98はカレンダーの時刻を忘れますが、その他にHELPキーから起動するBIOS(?)で変更した値や、"PCIセットアップユーティリティ"で変更した値も忘れてしまいます。

カレンダー電池が切れたままにしておくと、起動の度にINTの設定をし直す羽目になってしまいます。

終わり

以上管理者が所有しているPC98と使用感の紹介でした。