PokuG stdio.h

stdio.hはおまじない

MENU

Windows95でMIDI機器(SC-88Pro)を使う設定方法 ~シリアルポート編~

むかしRolandのGS音源とYAMAHAのXG音源が競い合っていた時代がありました。

そして1996年10月、RolandGS音源の最高峰として登場したSC-88Pro。

そのSC-88ST ProをWindows95で使えるようにします。

今回は、MIDIポート経由で取り付けるのではなく、シリアルポート経由で取り付けます。

用意するもの

SC-88Pro

f:id:yarufu101:20220212130037j:plain:w500
今回の主役です。この機器をWindows95に認識させます。

MIDIケーブル

f:id:yarufu101:20211002180946j:plain:w500
PC98本体のシリアルポートとSC-88Proに取り付けるケーブルです。
未だにサンワサプライで売っているようです。
「MIDI接続ケーブル」「 ローランドRSC-15AT準拠」でググれば発見できます。

Roland Serial MIDI Driver

Windowsで認識させるためのドライバです。
下にリンクを張っておきます。
faq-jp.roland.com

セットアップ

物理的につなげる

PC98とSC-88ProをMIDIケーブルでつなげます。

PC98側

f:id:yarufu101:20220212120538j:plain:w500
PC98側は赤線で囲まれたSERIAL(2)にケーブルをさします。

MIDI側

f:id:yarufu101:20220212121825p:plain:w500
SC-88Pro側は丸い端子にケーブルをさします。

Roland Serial MIDI Driverをインストール

ファイルを解凍して、setup.exeを起動

f:id:yarufu101:20211002182532j:plain:w500
ローランドからダウンロードしたファイルをダブルクリックし、ファイルを解凍し、
その後、Disk1のフォルダの中にあるsetup.exeをダブルクリックします。

ようこそ

f:id:yarufu101:20211002182711j:plain:w500
次へをクリック

ポートの選択

f:id:yarufu101:20211002182742j:plain:w500
MIDIケーブルのパソコン側をシリアルポートの1番に挿す場合は、COM1、2番に挿す場合はCOM2を選択します。

f:id:yarufu101:20220212120538j:plain:w500
ケーブルをさした箇所がSERIAL(2)だったので、上の選択は「COM2」を選択します。

MIDI OUTのポート数の選択

f:id:yarufu101:20211002191213j:plain:w500
SC-88/SC-88Pro 等の32パートに対応した音源を使用する場合、2ポートを選択します。

インストール情報

f:id:yarufu101:20211002191437j:plain:w500
次へ

音源のコンピュータスイッチの設定

f:id:yarufu101:20211002191550j:plain:w500
次へをクリックすれば次の画面へ行けますが、注意書きを読んでSC-88Pro側のスイッチを変更します。

f:id:yarufu101:20220212120737p:plain:w500
ポートの選択でCOM2を選択したので、SC-88Proの背面のスイッチをPC2を選択します。

再起動

f:id:yarufu101:20211002193939j:plain:w500
はいを選択

以上でドライバのインストールは終了です。

SC-88Proドライバの設定

MIDI機器はOSで標準のMIDI機器の設定をするのではなく、アプリケーション単位でMIDIポートの設定をおこないます。

TMIDI Playerでの設定の場合

f:id:yarufu101:20211002202157j:plain:w500
TMIDIの場合は、[オプション]→[MIDI設定]からポートをMIDI OUTに設定します。

レコンポーザ―での設定の場合

f:id:yarufu101:20220212125109j:plain:w500
レコンポーザの場合は、[その他]→[環境設定]→[MIDIインターフェイスの設定]からポートをA,Bポートの出力先に設定します。

終わり

Windows95でSC-88Proを使う設定方法でした。

このころは、VSC-88, VSC-55とかソフトウェアシンセやWinGrooveという不正なパスワードを入力するとディスクの中身を消去するというソフトウェアシンセアプリがあったりカオスな時代でした。

この後、mp3の普及やジャスラックがネットで商用音楽禁止で色々取り締まりが始まり一気にMIDIデータは衰退した感じがします。