PokuG stdio.h

stdio.hはおまじない

MENU

PC9821の内蔵HDDをCF化する


PC9821V13の内蔵HDDをCF化しようと思います。

理由は他のブログサイトでもみんなやっているので・・・

注意点

注意点です。
内蔵HDDをCF化したりするのはNECがそのような前提で設計していない
(そもそもPC98が存命の時点でCFが存在してない?)
ので、ある日突然CFのデータが全部飛んだり、ハードが故障する可能性もあると思います。

以下リンクはNEC公式の見解ではないですが解析をしている(していた?)方が内蔵HDDをCF化するのに警告をならしている記事です。
hp.vector.co.jp

そのようなことが起きるても問題ないという人はCF化に挑みましょう。

用意するもの

下の写真のもの3つ。

変換名人 CFカード → 3.5"IDE変換アダプタ 40ピン(オス) CFIDE-401LA

CFカード を3.5"IDE変換アダプタに変換するボード。 40ピン(オス)。
多くのサイトがこの型番「CFIDE-401LA」を使っていたので私も同じ型番を購入。導入実績があるものを選んでトラブルを防ぎたかったので。

コンパクトフラッシュメモリーカード Transcend 2GB CF CARD (133X、 TYPE I ) TS2GCF133

どのサイトもTranscend製のものを使用しているたので、これまたマネしました。
なお、MS-DOS/Windows95/98はTranscend製のもので問題ないらしいですが、Windows2000の場合、Transcend製ではインストールできないと報告しているサイトもありました。
私はPC98版のWindows2000は入れる予定が無いので、Transcend製です。

よくよく思うとこれは不具合ではなく、サーバーOSであるWindowsNT/2000を信頼性の低いリムーバブル ディスクへインストールさせることを禁止した仕様なだけかもしれませんね。
インストールできるCFこそ規格外かも?

注意点

PC98の型番ごと、というか出た時期によって認識できるHDDの最大容量が違うらしいです。

MATE Aシリーズ、MATE Bシリーズ 約 540MBまで
MATE Xシリーズで 約 4.3GBまで
MATE Rシリーズ 約 8GB

あと、PC9821V13は4Gまで認識できますが、2Gのものをチョイスしておきました。
理由は、PC98の認識できるHDDの最大容量よりも下回っているが、HDDの容量が大きめだと不安定になるという報告もあった(1件だけ?)ので。

電源変換ケーブル(AINEX 電源変換ケーブル [ 6.5cm ] WA-076B)

HDDの電源コネクタに差すペリフェラル端子からFDDドライブに差す、電源コネクタへ変換するもの。
変換名人はFDDの電源端子を使っているらしく、電源を取るために購入。
なお、PC98のFDDにつなげている端子は12Vと5Vが反対なので、使っちゃいけないってどっかに書いてあった記憶がある。

取付

HDDを取り外して、CFと交換するだけです。

内蔵HDD取り出し

内蔵HDDを取り出します。


変換名人にCF、IDEケーブル、電源ケーブルを差す

IDEケーブルと、CFカードさしてます。

FDD電源をさしてます。さっき紹介した、アマゾンで買ったやつです。

適当にCFを収納する

上のFDD電源をさしている写真を見てもわかるように、基盤丸出しなので、基盤の金属部がHDDのマウンタに接触すると不具合がでるとの事らしいので、raspberry pi 4の公式ケースの中にCF一式を無理やり押し込んでみました。結構きれいに収まります。

以上でCF化終了です。

データ移行

普通はここからOSのインストールが始まると思いますが、再インストールがメンドくさかったので、内蔵HDDの内容を丸ごとCFへディスクイメージコピーしました。
pokug.net

終わり

以上内蔵HDDのCF化でした。