PokuG stdio.h

stdio.hはおまじない

MENU

Raspberry PiのOSを更新する

f:id:yarufu101:20201211074338p:plain

Raspberry PiのOSを最新にする方法。

OS及びインストールされているアプリケーションを更新する

パッケージのリスト更新

以下コマンドを実行。

sudo apt update

上記は謎のリストを更新するだけで、このコマンドを実行してもOSやアプリケーションの更新はされない。次に以下のコマンドを実行

sudo apt dist-upgrade

これでアップデート完了。

 

禁断の最新版へのファームウェアのアップデート

現在のファームウェアの確認

sudo rpi-eeprom-update

 上のコマンド実行。下のような結果が出る。

pi@SHIMUSHU:~ $ sudo rpi-eeprom-update
BOOTLOADER: up-to-date
CURRENT: 2019910日 火曜日 10:41:50 UTC (1568112110)
LATEST: 2019910日 火曜日 10:41:50 UTC (1568112110)
VL805: up-to-date
CURRENT: 000137ab
LATEST: 000137ab
pi@SHIMUSHU:~ $

BOOTLOADERVL805とあるが、

BOOTLOADER→ラズパイのファーム
VL805→USB3.0のファーム

らしい。CURRENTとLATESTが同じならいいが、違っていたら非常に気になります。しかし、安易にアップデートした場合、不安定になる可能性があります。
古来より「最新バージョン」は新しすぎて少数の人にしか使われておらず、不具合が出し切れてない場合が多いです。このことから若干枯れた(古い)バージョンの方が安定している場合が多いです。
また、sudo apt dist-upgradeでもそれなりの安定したファームウェアのバージョンへ上がるようなので無理に以下のコマンドはする必要はなとのこと。

それでも最新版がいいとか、既にOSが不安定でワンチャン最新版のファームにしたら直るかも?と期待を込めてアップデートしたい人は以下のコマンドを実行。

ファームウェアのアップデート

ファームウェアのバージョンを上げる場合は以下のコマンドを実行。

sudo rpi-update

アップデート後、再起動

最後は再起動してファームを新しく読み込む

sudo reboot

 

以上